スクールカウンセラーになるためのスクール選び

スクールカウンセラーとして働くためには、しっかりと資格を取得しなければなりません。資格を習得できて初めて仕事が出来るわけです。もちろん、精神科医や臨床心理士の資格が必ず必要なわけではありません。心理カウンセラーの資格を持っていればスクールカウンセラーになれるのです。

ここでは、スクールカウンセラーになるためのスクールの選択方法について詳しく解説します。

どんな授業内容のスクールがおすすめなのか?

・研修に力を入れているところがおすすめである

スクールカウンセラーについては、とにかく実践が重要になります。相手の性格や行動をどう理解して行ったらいいのか、さらにどんなタイプの人がいるのか、といったことは習っただけでは理解できません。実践をして初めて詳しく把握できるようになるのです。

また、プロのカウンセラーの講義が受けられるのかも確かめなければなりません。実践を経験している方の体験談などを知ることで、どんどんとスキルアップするものです。

・臨床心理士の資格を目指す必要はない

スクールカウンセラーとして働きたい場合には、上位資格と言っても良い、臨床心理士の資格は必要ありません。心理カウンセラーの資格のみでも対応できます。

そもそも、臨床心理士は指定されている大学院に入らなければならないのです。わざわざ大学院に行くのは大変ですよね。ですから、専門学校へ通うことで取得できる心理カウンセラーを目指しましょう、

費用に注目したスクール選びも大切である

・一般的な心理カウンセラーの資格取得に必要になる費用とは?

数万円から40万円ほどになります。かなりの開きがありますよね。もちろん、高ければ良い、といったわけではありませんし、安ければダメ、といったわけでもないのです。

ここで注目してほしいのが、自分がスクールカウンセラーになるためにどのくらいの費用をかけられるのか、といったことです。そんなにかけられないのであれば、安いところを中心に探せば良いですし、費用がかかったとしても構わないのであれば、高めのスクールを狙っても良いです。

ちなみ、授業料に関しては、講義の時間によっても大きく左右されます。安いところは講義の時間が少ないケースも多いので、事前に必ずチェックしておきましょう。

※スクールカウンセラーの年収は、400万円から500万円を超えることも少なくありません。ある程度の費用をかけて資格を取得しても構わないほど稼げる仕事なのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ