スクールカウンセラーの面接で聞かれること

スクールカウンセラーとしての採用面接に望む時には、どんなことが聞かれるのでしょうか。そしてどのように回答すればよいのでしょうか。

ここでは、

面接で聞かれやすい質問
質問に対する有効な答え

以上の2点を中心にして解説します。

自分にスクールカウンセラーが向いていると思う理由は?

スクールカウンセラーとしての適性を質問してくることが多いです。適正がない人を採用することは出来ませんので、非常に重要な質問になります。

ほとんどの面接で聞かれることになるので、良い答えを用意しておくべきです。

・理想的な解答とは?

困った人の手助けになりたい。人の話が聞くのが好きである。話しやすい雰囲気を作るのが得意である。心理カウンセリングの勉強をするのが好きである。

以上の内容について自分なりにまとめ上げて回答しましょう。

その時に、ちょっとした体験談を交えると適性の説得力が増します。学生時代のことでも良いです。友人からの悩みを聞いて、どんな回答をしたのかを話してみるのも効果的です。

保護者からクレームの電話を受けた時はどうするか?

近年の学校で特に大きな問題になっているのが、生徒の親の存在です。モンスターペアレントといったものが実際に多くおり、教育機関は苦慮しているのです。

スクールカウンセラーが生徒の保護者に対応することもあり、どんな対応が適切であるか問うた質問になります。

・理想的な回答とは?

最も大切になるのが、自分一人で対応しようとしないことです。「担任の先生や管理職の先生に報告をする」が、理想的な回答になります。

会社では「報連相」が大切とされます。報告・連絡・相談のことを指しますが、自分一人で先走って行動してはいけないのです。学校でもそれは同じことで、必ず報告してから先に進む必要があります。

特に保護者対応を誤ってしまうと、多くの先生に迷惑をかけてしまいます。

スクールカウンセラーになったら何をするか?

アナタがどんなスクールカウンセラーを目指しているのか、といったことに関わってくる質問です。この質問に関しては、理想的な答えをしても良いですが、できれば現実に即した理想論を語るのがベストです。

あまりに現実論で語ってしまうと、意識を低くみられてしまうこともあるので注意してください。

・理想的な回答とは?

「生徒たちが前向きに行動できるように、親身になって対応していきたいと思います。学校の雰囲気も良くなるように、声掛け活動も行いたいです。」といったような回答がおすすめになります。

できるだけ明確に応えるのが、良い印象を与えるコツですよ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ