スクールカウンセラーを目指す理由|やりがい

スクールカウンセラーを目指す目的について考えてみましょう。

どんな仕事であろうと、やりがいがなければ続きません。スクールカウンセラーの魅力にも関わるお話をさせてもらいます。

悩んでいる子どもたちを支えられる

・不登校児の支援ができる

あなた自身が不登校になってしまった経験もあるかもしれません。本当に辛かったと思います。そんな時に、自分を支えてくれる人間がいれば、と思うこともありますよね。

その支える側に建てるのがスクールカウンセラーといった職業なのです。

不登校児になってしまった後の対処も出来ますし、不登校児になる前の対処もできます。

不登校児になってしまった生徒が再び学校に通ってくれるようになれば、これ以上嬉しい事はありませんよね。

スクールカウンセラーの仕事は「人間対人間」なのです。難しいからこそのやりがいが実際にあります。

自分の学生時代の経験が活かせられる

・学生時代の悩みが役立つ仕事である

学校には、様々な悩みを抱えた生徒が通っています。家族に問題を抱えている場合、先輩との関係に悩んでいる場合、クラスメイトとの関係に悩んでいる場合などなど、その種類も様々です。

あなた自身も、学生時代には何らかの事に悩んでいたはずです。その悩みを持っていた経験が、学生から相談を受けた時に活かせます。

自分の悩みであったことが無駄にならない職業がスクールカウンセラーです。

どこまでも高みが目指せる職業である

・解決策が無限にある

生徒の悩みに寄り添って、前向きに解決させていくのが仕事になりますが、どれが最も正しい解決方法であるかは事前には分かりません。あまりうまくいかないこともあります。

上手くいかないこともあるからこそ、自分を高めるために勉強を積極的に行うケースも多いのです。スクールカウンセラーとして就職した後も、勉強することはたくさんあります。

極められないからこそのやりがいがある職業です。

給与が高めに設定されている

・時給で3,000円以上も可能

持っている資格にもよりますが、臨床心理士、精神科医など国家資格系を持っていれば時給で5,000円を超えることもあります。

非正規雇用になるので生活が絶対に安定する、といったことは言えませんが、一定以上の生活水準が確保できるほどの稼ぎは十分に期待できる職業です。

仕事のやりがいとして、どうしてもお金を避ける事は出来ません。その点をスクールカウンセラーはクリアしているのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ