心理カウンセラーになるとどんな職場で働けるのか?

テレビのニュースなどでよく耳にする職業となったのがスクールカウンセラーです。大きな事件が起きたりすると、子供は影響を受けます。その影響をを少しでも減らすようにするのが、スクールカウンセラーの役割なのです。

そのスクールカウンセラーになるための資格が「心理カウンセラー」になります。こちらでは心理カウンセラーの資格を取得するとどんな職場に就けるのか、といったことについて詳しく説明します。

学校で働ける

・小学校
・中学校
・高校など

心理カウンセラーは学校での仕事があります。スクールカウンセラーとしての需要が非常に高まっているのです。

例えば、最近ではいじめの問題がクローズアップしています。自殺をしてしまう生徒も居るわけです。そういった状況を防ぐためにも、しっかりと対応しなければなりません。

いじめを受けている生徒をフォローしたり、いじめが起きないような環境づくり、といったことを考える必要があるのです。

また、最近では親御さんに対するカウンセリングの業務もあります。シングルマザーやシングルファーザーも多くなりました。子育てに関する悩みを多く抱えているのです。スクールカウンセラーとして活躍したいと思うのであれば、人生経験の豊富さ、といったことも重要になります。

企業で働ける

・大企業や中小企業で働けることも

少し意外に感じるかもしれませんが、心理カウンセラーは企業でも大いに活躍しているのです。最近話題になっていますが、鬱で休職してしまう社員が非常に多くなっています。休職されてしまうと企業としても大きな損失です。そうならないようにするためにも、心理カウンセラーを雇っているケースが少なくありません。

さらに、新人社員がすぐにやめてしまうケースも多いわけです。新人社員の相談にのることも心理カウンセラーに求められた重要な仕事内容になります。

医療機関で働ける

・病院
・診療所
・介護施設など

基本的には患者さんの悩みに相談に乗るのがメインの業務です。しかし、働いている方の相談祈るケースも最近では増えており、医療機関での心理カウンセラーの需要が高まっているのです。

医療機関の離職率は非常に高く、経営側としても心理カウンセラーには期待しています。

まとめ

・心理カウンセラーになれば就職の心配はない

これだけたくさんの職場があるわけです。需要も高まっているので、就職時の心配はほとんどありません

都会でも地方でもスムーズに就職できるケースが多くなっています。安心して資格取得を目指しましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ