スクールカウンセラーになる方法

スクールカウンセラーへの道。結局どの資格が有利なの?

スクールカウンセラーになりたいと思って調べていると、たくさんの資格が紹介されています。
どの資格も、スクールカウンセラーとして働きたい時に持っておくと良いとされていますが、その資格も種類が多すぎて選べないという方、いらっしゃるかと思います。
そのような方に向けて、結局どの資格が有利なのか、よく名前が出てくる資格たちを紹介しながら解説していきます!

頻出資格その1「メンタル心理カウンセラー」

メンタル心理カウンセラーとは、一般財団法人日本能力開発推進協会が認定する資格です。
この資格は「医療・福祉・教育・産業界などさまざまな場所で求められるカウンセリング能力を備えていることを証明するもの」という目的で運用されています。

メンタル心理カウンセラーは、受講から試験まで、すべて通信教育で可能です。
そのため、学校に通う時間はないけれど資格が取りたいという方には挑戦しやすい資格になっています。

必要な受験資格は、日本能力開発推進協会の認定教育機関等が開催している教育訓練で、全カリキュラムを修了した者です。
認定教育機関にて履修する学習範囲は、カウンセリング、クライエント、心理学、精神医学に関するそれぞれの基礎知識を、テキストとDVDを使用して学びます。

この資格取得までの学習期間は2か月ほどで、カリキュラムを修了したあと、在宅にて受験することになります。この際には認定教育機関で全カリキュラムを修了後、協会ホームページの「検定試験申込」より、必要記載事項を入力して申し込みをします。

受験料は税込5,600円で、教材に同封されている振込用紙を使用して支払い、受験料の支払を確認後、試験問題が送られてきますので、自宅で受験します。

合格ラインは約70%以上で、試験終了後約1か月前後で合否が通達されます。
カウンセラーを目指すうえでこの資格は学習期間も短く、自宅にいながら学習を進めることができるため、取得しやすい部類といえます。

なお、このメンタル心理カウンセラーの資格を持っている人は、スクールカウンセラーに応募する際、「スクールカウンセラーに準ずる者」という募集枠に該当します。

頻出資格その2「メンタルケアカウンセラー®」

メンタルケアカウンセラー®は、「メンタルケア学術学会」、「一般財団法人生涯学習開発財団」、「一般財団法人ヘルスケア産業推進財団」という3団体の認定する資格になります。

「メンタル心理カウンセラー」と名前が似ているので混同しやすいですが、認定協会が違うため、まったく違う資格になりますが、共通点もあります。
その共通点が「通信教育で取得可能」ということです。
メンタルケアカウンセラー®の学習期間はだいたい3か月ほどで、メンタルケア学術学会が指定する講座の全カリキュラムを修了する必要があります。

学習内容は、カウンセリングの基礎知識、心理学について、心の病気についての基礎を学習していきます。
そして、全カリキュラムを終了後、修了認定のレポートで一定の成績を修めることで認定されます。

修了が確定後、申請書に必要事項を記載し、協会へ申請、資格登録の登録料5,100円を支払うと、認定証を発行してもらうことができます。
メンタルケアカウンセラー®を取得後は、上位資格の「メンタルケア心理士®」などの資格も存在するため、そちらも併せての取得を念頭に入れるのもよいかと思います。

また、このメンタルケアカウンセラーの資格を持っている人は、スクールカウンセラーに応募する際、「スクールカウンセラーに準ずる者」という募集枠になります。

頻出資格その3「認定心理カウンセラー」

認定心理士カウンセラーとは、日本カウンセリング普及協会が実施している資格で、1級と2級がありますが、ここではまず認定心理士カウンセラー2級についてご説明します。

認定心理士カウンセラー2級の受験資格は、18歳以上であることが必須で、以下のAかBのどちらに該当する必要があります。

A:試験日までに日本総合カウンセリングが行う心理カウンセラー養成講座を修了している者
B:大学の心理学部またはそれに隣接する学科を卒業している者

日本総合カウンセリングが行う心理カウンセラー養成講座を受講する場合には、10か月で学ぶ「通常クラス」と、5か月で学ぶ「短期集中クラス」のどちらかで心理療法について学習します。
期間は違いますが、どちらのコースも同じカリキュラムをおこないます。

認定心理カウンセラー2級の受験料は、21,600円ですが、郵送料等として別途800円を支払う必要があり、申し込み期間中に振込で支払います。
試験内容は、一次試験(筆記)と二次試験(実技)があり、一次試験の筆記試験に合格した人が、後日、二次試験の面接に進むことができます。

また、この認定心理カウンセラーの資格を持っている人は、スクールカウンセラーに応募する際、「スクールカウンセラーに準ずる者」という募集枠に該当します。

まとめ

今回は「スクールカウンセラーに準ずる者」に関する資格について解説させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。
スクールカウンセラーに準ずる者に関する詳細はスクールカウンセラーに必要な資格「スクールカウンセラーに準ずる者」って何?のページに記載してありますので、是非ご参照ください。

また、今回ご紹介した資格は、様々なサイトや文献で紹介されている資格ですが、「これを持っていれば確実にスクールカウンセラーになれる」というものではありません。

しかし、持っていることでスクールカウンセラーへの道が開けることは確かです。
スクールカウンセラーに興味のある方はまず、これらの資格を積極的に取得してみることをオススメします。

「スクールカウンセラーに絶対になりたい」と強い気持ちを持っている方は、指定大学院へ進学し、臨床心理士資格を取得するのも良いかもしれません。
大学院まで修了する必要があるため、簡単な道ではありませんが、本気でスクールカウンセラーを志望するのであれば臨床心理士資格の取得も視野に入れることをお勧めいたします。